「おとぎの宿 米屋」はBIO HOTEL認証を取得しました。

BIO HOTEL(ビオホテル)とは?

ビオホテルとは、世界で唯一、宿泊するお客さまの健康と環境への配慮に関する厳しい基準を規約とする
ビオホテル協会の認証を受けた宿泊施設。ドイツ・オーストリアを中心にヨーロッパで、約100軒*のビオホテルが 稼働しています。

日本では、ビオホテル協会の公認を受けたBIO HOTELS JAPAN(一般社団法人日本ビオホテル協会)が 2013年5月に発足。「おとぎの宿 米屋」は本格的な料理とファシリティ設備、天然温泉を備えた旅館としては、 日本初。2016年4月に認証されました。*2016年4月現在

BIO HOTEL認証書

「ビオホテル認証基準」と米屋の取組み

1.フード基準 有機認証の農産物及び加工品、
または日本ビオホテル協会のガイドラインに適合した食材を90%以上使用すること

米屋の取組み
自社農園で栽培する無農薬・無肥料野菜や近隣生産者を中心とした有機栽培・無農薬栽培の農産物をはじめ、 調味料等加工食品に至るまで有機認証のもの、または日本ビオホテル協会の設定するガイドラインに適合したものを 90%以上で限りなく100%近く使用しています。
また、飲み物は、各品目ごとにオーガニック認証されたものが必ず用意されています (ご要望により、オーガニックではないアルコール飲料もお出しします)。
フード

2.コスメ基準 宿泊施設で提供するシャンプー・石けん・スキンケア等の製品は、国際的なオーガニック認証機関により認証されたもの、または同等の安全性を有するものを使用すること

米屋の取組み
各部屋置きのシャンプー・ボディーソープ・スキンケア製品、大浴場のシャンプー・ボディーソープは、 国際的なオーガニック認証のオーガニックコスメ等を使用しています。
コスメ

1.環境基準 CO2排出料削減や再生可能エネルギーに向けての取組みを一つ以上実践すること

米屋の取組み
大浴場や部屋付き露天風呂の溢れる温泉水を、館内の給湯や冷暖房のエネルギーに変換するシステムを導入。 CO2排出量削減に取り組んでいます。
環境

おとぎの宿米屋の思い

「おとぎの宿 米屋」は、日常を離れ、心身ともにリフレッシュするために、滞在そのものを楽しんでいただく宿です。

単にBIO/オーガニックの食材を使用したり、環境に配慮することが、私たちの目的ではありません。米屋にお越しいただくお客様に、より健康で、美味しい料理を味わっていただきたい、居心地良く過ごしていただきたい、そのためにどうあるべきかを常に模索し、そして、今回、BIO HOTEL(ビオホテル)という形に至りました。